25日の欧州株式相場は4営業日ぶりに上昇。銀行株の上げが目立った。企業決算を手掛かりに一部銘柄も買われた。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.4%高の380.77で終了。アングロ・アメリカンが6.1%上げ、鉱山株指数を押し上げた。同社の南アフリカ鉄鉱石部門が復配する方針を示したことが好感された。

  ドイツ自動車メーカーの談合疑惑が浮上したことを背景に、ストックス600指数とドイツDAX指数は最近下げていた。

  ストックス600指数の業種別指数の中で、銀行株の上昇率が2番目に大きかった。スペインのサバデル銀行は3.7%値上がり。スイスの再保険会社、スイス・リーがサバデルとの個人向け生命保険合弁事業のポートフォリオを約6億8400万ユーロ(約890億円)で取得することに合意した。

  個別銘柄では、英出版サービスのインフォーマが2.7%上昇。決算内容が好調だったことが買い材料となった。

原題:European Stocks Rebound After Three-Day Decline as Banks Advance(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE