25日のアジア株式相場はまちまち。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を翌日に控え取引は薄い。米アルファベットなど各社の決算発表を受け、投資家が銘柄選別を強めている。

  オーストラリア株が上昇する一方で、MSCIアジア太平洋指数の構成銘柄ではテクノロジー株と工業株が最も大きく売られている。

  アルファベット株の時間外取引での下落が、ナスダック100指数先物の重しとなっている。傘下にグーグルを置くアルファベットの4-6月(第2四半期)決算では、売上高が最も強気な見通しには届かなかった。

原題:Asian Stocks Mixed Before Fed; Yen Erases Losses: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE