グーグルのピチャイCEO、アルファベットの取締役に就任

  • 社内の影響力の高まりや創業者からの信頼の厚さを示唆
  • ピチャイ氏は素晴らしい仕事をしてきたとペイジ氏

米グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は親会社アルファベットの取締役に就任した。同氏の社内における影響力の高まりと、グーグル創業者からの信頼の厚さがうかがえる人事となった。

  他の取締役はグーグル共同創業者のラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン両氏、アルファベットのエリック・シュミット会長のほか、9人のハイテクや金融、自動車業界の重鎮。

  ペイジ氏は24日の発表資料で、「ピチャイ氏はグーグルのCEOとして、力強い成長とパートナーシップ、優れた製品イノベーションをけん引し、素晴らしい仕事をしてきた」と称賛した。
 
原題:Google CEO Joins Alphabet Board as Page, Brin Show Their Trust(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE