調味料メーカーの米マコーミックは先週、英レキットベンキーザー・グループの食品事業を42億ドル(約4670億円)で買収することで合意したと発表したが、この買収価格は高過ぎるとのウォール街の指摘を受け、投資家から批判を浴びた。

  マコーミックのカージアス最高経営責任者(CEO)はインタビューでこれに反論。以前の報道に引用されていた30億ドルという数字に近い価格で買収できたのではないかとの見方は誤った情報に基づいていると指摘し、これと同じような価格を提案した企業は買収争いの初期段階で脱落したと説明した。

  マコーミックは18日、レキットベンキーザー・グループの「フレンチマスタード」や「フランクス・レッドホットソース」事業の買収で合意したと発表。マコーミックの株価は翌19日に5.2%安と、2014年1月以来の大幅下落となった。

原題:McCormick Says Wall Street Was Wrong About $4.2 Billion Deal (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE