石油輸出国機構(OPEC)は11月の次回総会で減産合意再延長の検討が必要になる可能性があると、アラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイ・エネルギー相が指摘した。原油市場の回復に時間がかかり過ぎているためだとしている。

  マズルーイ・エネルギー相はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、既に来年3月までの延長が決まっている減産合意について、さらなる延長を議論する必要があるかもしれないとの認識を示した。

  同相は「期間延長を検討する必要がありそうだ」とした上で、「恐らく11月の次回総会で議論されることになろう」と続けた。

原題:U.A.E. Sees OPEC Considering Oil-Cuts Extension in November(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE