タルーロ前連邦準備制度理事会(FRB)理事は、低インフレは追加利上げの是非を巡る金融当局の議論に重しとなる可能性があると指摘。また、手に負えないほど物価が急上昇するリスクはほとんどないとの認識を示した。

  タルーロ前理事は24日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで「インフレの面で何が起きているのかと、誰もが考えている」とし、「今後数回の会合において、そうした懸念が、追加利上げを控えるか否かの当局の判断に影響するほど強いものであるかは分からない」と述べた。

  その上で、「1970年代遅くに見られたような制御不能なインフレが起きると主張するのはやや厳しい」とし、制御不能なインフレが起きるリスクは「現時点ではかなり低いとみられる」と続けた。

原題:Tarullo Says Weak Inflation Clouding Fed’s Rate-Hike Outlook(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE