欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドルほぼ変わらず、一時14カ月ぶり安値-FOMC注目

  24日のニューヨーク外国為替市場ではドルがほぼ変わらず。ドル指数は一時、1年2カ月ぶり安値に下げる場面もあった。今週の市場では連邦公開市場委員会(FOMC)会合が注目されているほか、トランプ大統領に近い人物が議会で発言する。

  ロンドンやトロントのトレーダーは、イベントリスクが高まっている状況を受けて資金の流れは控えめだったと指摘。今週はトランプ陣営の関係者による議会での発言機会が注目されており、政権の財政アジェンダに一段と遅れが生じるとの懸念が広がっている。一方、FOMCは今週の会合で政策金利など現行政策を据え置くと見込まれている。ただバランスシートの縮小、ないし追加利上げのタイミングについて踏み込んだ説明を行う可能性はある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%未満の上昇。

  ドルは対円で0.1%未満下げて1ドル=111円10銭。対ユーロでは0.2%上昇して1ユーロ=1.1642ドル。

  ドルは対円で一時111円32銭に上げた。111円20銭付近を抜けた時点でストップロスの買い注文が発動したもようだ。欧州時間には110円62銭に下げる場面もあった。

  ユーロは主要10通貨のうち、ニュージーランド(NZ)ドルを除く全てに対して値下がり。ユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)速報値が低下し、欧州中央銀行(ECB)が慎重な政策アプローチを維持する可能性が高いことが示唆された。

  オーストラリア・ドルとカナダ・ドル、ポンドは米ドルに対して値上がりした。
原題:Dollar Rebounds From 14-Month Low as Fed Awaited, Meetings Eyed(抜粋)

◎米国株:ハイテク株高い、ドル安定受け-S&P500ほぼ変わらず

  24日の米国株式相場は前週末とほぼ変わらず。S&P500種株価指数は比重の高いテクノロジーおよび銀行銘柄の上昇で、他の銘柄の下げを相殺した。このところ下落が続いていたドル相場の安定が背景となった。

  S&P500種株価指数は前週末比0.1%下げて2469.91。ダウ工業株30種平均は66.90ドル(0.3%)安い21513.17ドル。ハイテク銘柄の比重が高い指数では、ナスダック総合指数が0.4%値上がりし、ナスダック100指数は0.3%上げて過去最高値を更新した。

  S&P500種の業種別指数では、金融と情報技術のみが上昇。電気通信サービスは下落率が最大となった。

  この日のニューヨーク外国為替市場では、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数が0.1%未満上昇した。

  個別株ではヒベット・スポーツが大幅安。「売り上げのトレンドは非常に厳しく」、5-7月期の既存店売上高が10%減少する可能性があるとの会社見解が嫌気された。シアーズやフィニッシュ・ラインなど小売り競合の多くにも売りが波及した。

  通常取引終了後に4-6月期決算を発表したアルファベットは、時間外取引で株価が3%近く下落した。

  強気相場にある米株式市場ではこの先、米アマゾン・ドット・コムなど業界大手企業の決算や、中央銀行の政策を巡る議論が手掛かり材料になる公算が大きい。ロシア疑惑捜査の拡大を受けてトランプ米大統領が政権立て直しを図る動きに出たことから、新たな想定外の政治関連材料が出る可能性が意識されている。
原題:Tech Shares Rise as Dollar Stabilizes, Oil Gains: Markets Wrap(抜粋)
原題:Retail Stocks Tumble as Hibbett Sees ‘Very Challenging’ Trends(抜粋)

◎米国債:小反落、ほぼ終日軟調に推移-Tビル入札が不調

  24日の米国債相場は小反落。米国の取引時間帯を通じて売り圧力を受け、先物はこの日の安値圏で終えた。

  3カ月物の財務省短期証券(Tビル)入札は、米政府債務上限引き上げを巡り政治的な行き詰まりに至るとの懸念を背景に需要が8年ぶりの低水準となった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前営業日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.26%。

  投資適格債の発行は低調で、3つの発行体から合計5本34億ドルにとどまった。コックス・コミュニケーションズが7年、10年、30年債を総額26億ドル相当発行し、米国債の売り材料となった可能性がある。

  3カ月物Tビルのレートは9年ぶり高水準となった。規模390億ドルの同Tビル入札では落札レートが1.180%と、発行前取引の入札締め切り(午前11時30分)時点のレートを2bp上回った。

  ジェフリーズは債務上限を巡る協議が10月に難航する可能性が懸念され、「3カ月物入札で買い手控えにつながった」と指摘した。 
原題:Treasuries Drift Lower, Curve Steady, Futures Volumes Slump(抜粋)
Three-Month T-Bill Rates Continue Climbing Amid Debt Limit Agita(抜粋)

◎NY金:小反落、7営業日ぶりに下げる-ドルは小幅反発

  24日のニューヨーク金先物相場は小幅ながら7営業日ぶりに下げた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.1%未満下げて1オンス=1260.70ドルで終了。前営業日までの6日続伸は5月17日以降で最長だった。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%未満の上昇。

  金は「小幅な調整の動きになりやすい」-BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の卑・貴金属トレーディング責任者タイ・ウォン氏。「金はトランプ大統領を巡る不安で20ドル上昇してきた。こうした不安はドルを骨抜きにした」。

  銀は0.1%未満下げて16.443ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ先物は下落、パラジウムは上昇。
原題:PRECIOUS: Gold Drops First Time in Seven Days as Dollar Rebounds(抜粋)

◎NY原油:反発、サウジ輸出削減へ-米シェール減速の見方も

  24日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。サウジアラビアは原油輸出の大幅削減を約束した。フラッキングサービス米大手のハリバートンは、原油安を背景に米国のシェール業者が「生産にブレーキをかけている」と指摘した。

  みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレクター、ボブ・ヨーガー氏はサウジのファリハ・エネルギー相発言について、「絶妙なイミングだった」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前営業日比57セント(1.25%)高い1バレル=46.34ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント9月限は54セント上昇の48.60ドル。
原題:Oil Rises as Saudis to Cut Exports, Halliburton Sees Shale Peak(抜粋)

◎欧州株:ストックス600が下落、自動車株に売り-銀行株は上げる

  24日の欧州株式相場は下落。決算シーズンが本格化する中、銀行株が上げたものの、自動車関連株への売りが全体を押し下げた。

  ストックス600指数は前週末比0.2%安の379.23で引けた。この日発表されたユーロ圏の製造業とサービス業を合わせた7月の総合購買担当者指数(PMI)速報値が6カ月ぶりの低さとなったことを受け、一時は0.6%下げた。自動車株は3営業日続落し、ドイツDAX指数に下落圧力をかけた。自動車業界の談合疑惑が浮上し、競争法に反した可能性があるとの懸念が強まった。
  今週はストックス600指数を構成する企業の約3割が決算を発表する。金融企業ではドイツ銀行やBNPパリバ、UBSグループが決算を明らかにする。

  個別銘柄では、オランダのデジタルセキュリティー企業ジェムアルトが20%安と急落。21日遅くにのれん代償却で約4億2000万ユーロを計上すると発表したことが嫌気され、アナリストらは同銘柄の投資判断を引き下げた。一方、スイスの富裕層向け資産運用会社ジュリアス・ベア・グループは4.5%上昇。2017年1-6月(上期)に確保した新規顧客資金が目標を上回る純増となった。
原題:European Stocks Fall With Carmakers as Busy Earnings Week Begins(抜粋)

◎欧州債:中核国債が上昇、PMIが景気減速示す-スペイン債下げる

  24日の欧州債市場ではユーロ圏の中核国債が上昇。ユーロ圏PMI速報値が景気減速と物価上昇圧力の緩和を示唆したことが背景にある。資本の流れを巡る環境と月末のデュレーション延長も引き続き追い風となった。

  ドイツ国債先物9月限の出来高は極めて小さく、ロンドン時間午後4時15分現在では、取引が始まった6月7日以降で最小となっている。

  周辺国債の利回りはスペインを除いて低下。同国債はフィッチが21日に格付け見通しをボジティブに変更したにもかかわらず、幅広い年限にわたり売られた。

  ギリシャが3年ぶりに債券市場に復帰すると発表。2019年償還債(クーポン4.75%)を購入し、2022年償還債を発行する。設定された債券の価格が市場水準を上回ったことを手掛かりに、2年物が大きく上げた。
原題:Bund Volumes Drop, Spain Lags; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE