ユーロ圏の製造業とサービス業を合わせた経済活動は7月に、拡大ペースが6カ月ぶりの低さとなった。製造業の減速が響いた。

  IHSマークイットが24日発表した7月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)速報値は55.8と、6月の56.3から低下。これは域内総生産(GDP)成長率が四半期ベースで0.6%であることを示唆している。

  欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、ユーロ圏では前例のない刺激策を縮小する環境がまだ整っていないと発言していた。景気は安定しつつある様相を示しているものの、過去最低の政策金利や債券買い入れによる支援がなければ、インフレに物価安定の目安に届くまでの力強さはない。

  IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は発表文で、「ユーロ圏は最近の成長の勢いを2カ月連続で失ったが、目覚ましいことに変わりはない」と分析した。

  発表によれば、7月のユーロ圏製造業PMI速報値は56.8で、6月の57.4を下回った。サービス業PMI速報値は55.4と、前月と同水準。

原題:Euro Area Economy Grows at Slowest Pace in Six Months、Eurozone July Flash Manufacturing PMI: Summary、Eurozone July Flash Services PMI: Summary(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE