ハーレーダビッドソンではオートバイ事業が危険なスリップの状態にあるが、グッズ販売の方はすでに転倒してしまっている。

  同社の4-6月(第2四半期)決算はどこを取っても良くない内容だった。そのうち最も気がかりなのはおそらく、雑貨販売売り上げが17%減少し、前期(21%減)に続き不振だったことだ。ブランド力に大きく依存する企業であるにもかかわらず、ハーレー・ブランドのアパレルやジュエリーの売れ行きは急激にスピードを落としているようだ。

ハーレーダビッドソンのショールーム
ハーレーダビッドソンのショールーム
Photographer: GEORGE FREY/BLOOMBERG NEWS

  それよりも心配なのはバイク人口の減少であり、同社も当然これを懸念している。18日に公表された統計によると、米国の大型バイク登録件数は2017年上半期に7%近く減少した。ハーレーは売上高予想を下方修正し、工場労働者の解雇計画を明らかにした。大型バイク市場で顧客基盤の大部分を占めるベビーブーマー世代が、老人ホームに入居する年齢に近づいていることから、メーカー各社はより小型のバイクで若年ライダーにアピールしている。

  ハーレーはライバルに負けないほど積極的にこの戦略を進めており、小売価格1万2000ドル(約130万円)未満のバイクを今では9モデル展開している。だが、この顧客層をつかむには先に述べたようなブランド力が極めて重要だ。調査会社ユーガブによれば、ハーレーの支持層は年齢が高めで、男性が多く、政治観は保守的との傾向がある。

雑貨販売は不振
雑貨販売は不振
Source:Bloomberg Intelligence

  バイクについての知識があまりない新人ライダーにとっては、メカニカルな特徴より、醸し出される文化的な雰囲気の方が大事かもしれない。ハーレーは今こそ、これまでにも増してクールであり続けなくてはならない。

原題:Harley-Davidson Is Losing Its Cool(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE