ドイツ銀行JPモルガン・チェースは、共謀して円建てロンドン銀行間取引金利(LIBOR)を操作したとして他の銀行などと共に投資家から訴えられていた米訴訟を決着させるため、計1億4800万ドル(約165億円)を支払うことに同意した。両行は、残る他行の訴訟で投資家に協力すると表明した。

  ソンテラ・キャピタル・マスター・ファンドやヘイマン・キャピタル・マネジメント、カリフォルニア州教職員退職年金基金(CALSTRS)などの投資家は2015年7月、ドイツ銀など21行と証券会社3社が06-11年に円建てLIBORを操作したことにより損害を被ったとしてニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁に提訴していた。

  21日に同地裁に提出された文書によれば、支払額の内訳はドイツ銀が7700万ドル、JPモルガンが7100万ドル。両行とも不正は認めなかった。和解は判事の承認が必要。

  シティグループは同訴訟で昨年2月、2300万ドルを支払うことで和解。その後、HSBCホールディングスも3500万ドルで決着させた。依然訴訟の対象になっているのはUBS、バークレイズ・バンク、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)など。ドイツ銀とJPモルガンの和解についてはロイター通信が先に報じていた。

原題:Deutsche Bank, JPMorgan Agree to Settle Yen-Libor Lawsuits (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE