トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー上級顧問は21日、財務情報の修正資料を当局に提出した。ホワイトハウスが3月に公表した前回の資料から「不注意で漏れていた」77項目が含まれている。

  提出書類の写しによると、修正版には連邦政府倫理局の「通常の審査過程の際に」付け加えられたという不動産などの項目が詳述されている。

  トランプ氏の娘でクシュナー氏の妻であるイバンカさんも、自身の財務情報を倫理局に届け出た。両資料ともホワイトハウス当局者が公表した。倫理局はイバンカさんの資料についてはまだ承認していない。

原題:Kushner’s Amended Financial Form Lists 77 ‘Omitted’ Holdings (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE