21日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ユーロは上昇し、週間でも1.7%高となった。欧州中央銀行(ECB)が景気支援策の縮小に向かう兆候を受け、投資家のユーロに対する見方がより好意的となった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下し、昨年5月以来の安値となった。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.1663ドル。ドルは対円で0.7%下げて1ドル=111円13銭。

  ホワイトハウスがアンソニー・スカラムッチ氏を広報部長に起用し、その後にスパイサー大統領報道官が辞任したことを受けて、午後の取引でドル売りが再燃した。ドルはその前の段階ですでに、モラー特別検察官によるロシア疑惑捜査の影響でトランプ大統領の政策課題推進が困難になるとの懸念から下落圧力を受けていた。

  ユーロは上昇し、ブルームバーグ・ユーロ指数は今週1.5%高となった。資産購入プログラムの縮小に関してこの秋協議するとECBが示唆したことから、トレーダーはそれに先回りする動きに出た。

  ドルは円に対し、終盤にかけて下げ幅を拡大。一時は米国債利回りの低下を背景に111円01銭まで下げた。トレーダーらによると、日本銀行が政策金利をゼロ近辺に据え置いていることから円は総じて守勢が続く見通しだが、豪ドル・円やポンド・円など一部のクロス取引が巻き戻される中で円は支えられている。

  豪ドルは米ドルに対し反落。オーストラリア準備銀行のデベル副総裁が政策決定会合の議事録について、タカ派的な解釈に反対の意を表明したことと、自国通貨が下落すれば景気の支えになると述べたことが材料視された。

原題:Dollar Ends Week at 13-Month Low as Euro Surges(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE