スカイブリッジ・キャピタル創業者のアンソニー・スカラムッチ氏が、空席となっている米ホワイトハウスの広報部長に検討されている。事情に詳しい関係者が明らかにした。複数の調査が進む中、情報の発信に問題を抱えるトランプ政権にとって重要な職になる。

  スカラムッチ氏(53)は昨年の大統領選挙でトランプ氏の資金集めを担当したほか、同氏当選後の移行期に経済顧問を務めた。これまでも経済協力開発機構(OECD)代表部大使など複数の政権ポストで名前が挙がり、ホワイトハウスの公共連絡局長にも検討されたことがある。

  同氏は今年1月に自らが保有するスカイブリッジの約45%株売却に合意。中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)や無名の企業RONトランスアトランティックなどの企業グループが購入した。

  ホワイトハウスの広報部長は共和党のストラテジスト、マイク・ダブキ氏が5月、就任から3カ月足らずで辞任して以来、空席のままとなっている。

原題:Scaramucci Said to Be Considered as Trump Communications Chief(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE