エクソンモービルは、米国の対ロシア制裁に違反したとして米財務省に制裁金200万ドル(約2億2400万円)を科された問題について、法的な異議申し立てを行うと表明した。

  財務省は20日、エクソンが同省の制裁対象者であるロスネフチのイーゴリ・セチン最高経営責任者(CEO)との間でロシアの石油・ガスプロジェクトに関する8本の法律文書に署名したことで、対ロ制裁に違反したと指摘。同省外国資産管理局(OFAC)の発表によると、制裁違反があったのは、ティラーソン国務長官がCEOを務めていた2014年5月14-23日ごろ。

  これに対しエクソンは、ダラスの連邦地裁で財務省の判断に異議を申し立てる手続きを行ったと発表。同社の広報担当スコット・シルベストリ氏は財務省の制裁金について「根本的に不当」だとコメントした。

原題:Exxon to Challenge Treasury Finding It Violated Russia Sanctions(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE