プルーデンシャル東京海上ホールディングスなどマレーシアに事業展開している海外の保険会社は、マレーシア部門の持ち分売却計画を進めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。売却規模は合わせて少なくとも20億ドル(約2240億円)になり、外国資本出資率規制の順守の助けとなる可能性があるという。

  これら関係者によれば、プルーデンシャルはマレーシア部門の国内新規株式公開(IPO)に向け複数の銀行に助言役を打診。同社はこれと並行して持ち分を投資家に売却する選択肢も検討しているという。シンガポールのグレート・イースタン・ホールディングスも持ち分売却ないしIPOを通じて持ち株比率を70%まで引き下げることを検討中だとした。

  関係者の1人によると、東京海上はマレーシア部門の持ち分を減らす選択肢に関するアドバイザーとして銀行1行を指名しており、売却規模は約10億リンギット(約260億円)になる可能性がある。

  プルーデンシャルとグレート・イースタンの担当者はコメントを控えた。東京海上には電子メールで問い合わせしたが、今のところ返答は得られていない。

原題:Foreign Insurers Are Said to Plan $2 Billion of Malaysia Deals(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE