全米自動車労組(UAW)のデニス・ウィリアムズ委員長は、日産自動車のミシシッピ州キャントン工場の管理職が同工場の労働者がUAW加入投票を行えば、工場を閉鎖すると脅したと指摘した。

  ウィリアムズ委員長は20日、デトロイトにあるUAW本部での記者との討論会で、「工場を閉鎖すると脅しているとの報告がある」と語った。日産の広報担当、クリスティーナ・アダムスキー氏はウィリアムズ委員長の主張を否定し、脅しの指摘は「完全な誤り」と電子メールでコメント。ただ、UAWが代表する諸工場でのストライキやレイオフ、閉鎖といったUAWの歴史を踏まえれば、同工場の労組加入は施設としての世界的な競争力に影響を及ぼす可能性があると付け加えた。

  ウィリアムズ委員長によれば、投票は8月3、4両日に予定しており、UAWはキャントン工場の労働者6400人のうち約半数を代表したい意向という。

  UAWはかねて労働組合の組織化に向けてキャントン工場の労働者と協力しており、先週には労働者が投票を行えるよう、全米労働関係委員会(NLRB)に請願した。UAWは総じて労組の組織率が低い米国南部での組織化を長年目指しており、今回の動員はその一環。UAWは日本やドイツ、韓国の自動車メーカーが米国で操業する工場での組織化を果たせずにおり、日産キャントン工場の労働者を加入させることができればUAWには大きな勝利を意味する。

  ウィリアムズ委員長は、UAWとして日産労働者の賃金・手当ての向上や、雇用保障の改善を望んでいるとした。

  一方、日産広報担当のアダムスキー氏は「日産はキャントン工場労働者を尊重・評価しており、第三者による代表の是非について選択する労働者の権利をわれわれが認めていることを、当社の歴史は反映している」と説明。「われわれの将来にとって何が最善であるかについての当社の見解や、組合加入が意味することに関する詳しい話を投票者は知る権利がある。組合側が労働者に聴かせたいのは一方的な話だけだ」と論じた。

原題:UAW Accuses Nissan of Intimidating Workers as Election Looms(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE