米上院共和党が策定する医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃・代替を目指した最新案が可決されると、無保険者は10年間で2200万人増加する見通しだ。今週初めに消滅しかけたヘルスケア法案の立て直しをマコネル共和党院内総務が取り組む中、新たな政治的障害となりそうだ。

  共和党の最新案では、民間保険の加入者コストが増大する一方で、メディケイド(低所得者向け医療保険制度)の支出が削減される見通しだ。米議会予算局(CBO)が20日、明らかにした。

  CBOによると最新案は財政赤字が4200億ドル(約46兆9300億円)削減される見通しで、削減規模は従来予測されていた3210億ドルを上回る。

原題:Senate’s Latest Health Bill Boosts Uninsured by 22 Million (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE