ドイツ銀行の複数の幹部は、米司法省のモラー特別検察官から近く、召喚状もしくは別の形でトランプ米大統領の選挙戦中のロシア癒着疑惑に関連した情報の提供を要請されると考えている。英紙ガーディアンが報じた。

  同紙が事情に詳しい関係者の話として伝えたところによると、ドイツ銀とモラー検察官のチームは捜査に絡み非公式に連絡を取っている。これとは別に、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、銀行監督当局がドイツ銀がウェルスマネジメント部門を通じて行ったトランプ大統領の事業への巨額融資について検証していると関係者3人の話として報じた。

  ドイツ銀の広報担当、モニカ・シャーラー氏はコメントを控えた。

原題:Deutsche Bank Expects Subpoenas Over Russia Probe, Guardian Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE