20日の中国株式市場で、小型株から成る創業板(チャイネクスト)指数は3日続伸。香港のハンセン指数は9営業日続伸と、2012年以来の長期上昇局面を記録した。

  深圳証券取引所の創業板指数は前日比0.2%高で終了。一時は1.7%高となった。上海総合指数は0.4%高。本土の大型株で構成するCSI300指数は0.5%上げ、3日続伸。

  南華金融の岑智勇シニアストラテジスト(香港在勤)は「17日の中国株下落後、持ち直しが続きそうだ。最近の経済統計は予想以上で、ファンダメンタルズは良好だ」と述べた。

  香港市場では、ハンセン指数が0.3%高。不動産開発の広州富力地産(2777 HK)は6.8%高。大連万達集団からホテル資産を購入すると前日遅くに融創中国(1918 HK)と共同で発表した。融創中国は万達から観光・テーマパーク事業の91%を438億元(約7300億円)で取得する。融創中国は14%上げた。

  中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は0.1%安で引けた。

原題:Chinese Stocks Eke Out Gain in Recovery From Monday’s Rout(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE