米連邦最高裁判所は19日、トランプ政権が導入した入国制限令について、米国内に祖父母やいとこなどの親類がいる入国希望者を受け入れるよう政権側に求める判断を下した。

  一方で、今後数カ月で何千人もの難民が入国する道を開いたであろう下級審の判断については一時的に差し止めた。この部分は、政権側がサンフランシスコの連邦高裁に上訴中に適用する。

  入国制限令への異議申立人の1人であるハワイ州のチン司法長官は声明で最高裁の判断について、「トランプ政権が一方的に家族を離散させようと行き過ぎた措置を取ったとのわれわれの主張の正しさを確認するものだ」と述べた。

原題:Trump Travel Ban Must Exempt Grandparents After Top Court Rebuff(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE