米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)は投資銀行バンカーに対し、中国の複合企業である海航集団(HNAグループ)との取引に関する作業を当面停止するよう指示した。海航集団は積極的に企業買収を仕掛けてきたが、その債務水準や所有構造への懸念が強まっている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同関係者によれば、シティグループやモルガン・スタンレーなどウォール街の他の銀行は行内の「顧客確認(KYC)」委員会の承認を得られないことを理由に、海航集団の買収案件に助言や融資を行うことをおおむね避けており、BofAもそれに続く。BofAのメリルリンチ部門の幹部が先月、バンカーは新たな買収や資金調達の提案を今はすべきでないと行内に伝えたという。関係者は情報が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。

  米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は先に、BofAが海航集団との取引に関わらないとの決定を行内に電子メールで通知したと報じていた。海航集団の担当者は現時点でコメントしていない。BofAとシティ、モルガン・スタンレーの担当者はそれぞれコメントを控えた。

原題:Bank of America Said to Halt Deals With HNA Amid Debt Concerns(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE