ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントは、新たにマクロ経済ヘッジファンドの設定を計画しており、ポートフォリオマネジャーのアルフレド・サイッタ氏がこのファンドの運用を手掛ける見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報は非公開であるとして関係者らが匿名を条件に明らかにしたところによると、ブレバンの旗艦ファンドの一部を運用していたサイッタ氏は、2人のアナリストと共に新ファンドの運用に携わる予定。関係者の1人によれば、この「ASマクロ・ファンド」は10-12月(第4四半期)に運用が開始される見込み。

  ブレバンの広報担当者は計画についてコメントを控えた。同社は資産クラス全般のトレーディングを通じて広範囲に及ぶ経済トレンドから利益を出すことを目指している。

  ブレバンの旗艦ヘッジファンドは1-6月(上期)の運用成績は過去最低となり、顧客の資金を維持することが困難な状況になっている。旗艦ファンドの「ブレバン・ハワード・マスター・ファンド」の1-6月の運用成績はマイナス5.2%で、6月はマイナス1.5%と、4カ月連続のマイナスとなった。ブルームバーグ・ニュースは先に、同ファンドの運用資産が5月時点で82億ドル(約9180億円)と、2013年の約280億ドルから減少したと報じている。

原題:Brevan Howard Is Said to Ready Macro Hedge Fund Run by Saitta(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE