19日のニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロなどに対して反発。今週の主要イベントリスクと目されている欧州中央銀行(ECB)政策委員会を翌日に控え、ユーロが利益確定売りに押された。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。ユーロは対ドルで0.3%安の1ユーロ=1.1515ドル。ドルは対円で0.1%下げて1ドル=111円97銭となった。

  ECB政策への期待や、ドル安要因となってきた米国債利回り低下などの材料を見極める動きとなり、商いは控えめだった。医療保険制度改革法(オバマケア)廃止・代替法案を共和党が進展させられないことで米財政政策を巡る不透明感が高まり、市場に織り込まれた年内の米利上げ確率は50%未満に低下した。

  ドルは円に対しては小幅続落し、6月末以来の安値をつけた。トレーダーがECB政策委員会と日銀金融政策決定会合を20日に控えてユーロ買い持ちを縮小し、ユーロが対円で下落したことが、ドルを圧迫した可能性もある。

  TDのシニア為替ストラテジスト、メイゼン・アイサ氏は顧客向けリポートで「ECBは今週、QEに関する非対称的なバイアスを削除することにより、秋季のテーパリング発表に一歩近づくとわれわれは考える」と指摘した。

  その他の通貨ではオーストラリア・ドルが米ドルに対し上昇。一時は2015年5月以来の高値となる1豪ドル=0.7959米ドルをつけた。

原題:Dollar Rises From Near 10-Month Low as Euro Stalls Before ECB(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE