米複合企業ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)傘下の空調機器メーカー、キヤリアはメキシコへの業務移管計画の一環としてインディアナポリス工場で人員削減を開始する。トランプ米大統領は選挙戦中に国内雇用の維持をスローガンに掲げ、同移転計画を批判していた。

  19日の発表資料によると、週内に約300人が退職し、今後数カ月間で計600人が解雇される。同社はファンコイル生産をメキシコに移管する。

  キヤリアはまた、ガス炉を製造する同インディアナポリス工場で約1100人の雇用を維持する意向をあらためて表明した。同社は昨年、トランプ氏の強い非難を受けて、メキシコ業務移管計画を変更した経緯がある。

原題:Carrier Begins Job Cuts at Indiana Factory Championed by Trump(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE