19日の香港株式相場は上昇。中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が2015年以来の高値で引けた。香港では金融株が上げを主導。中国本土市場では素材株を中心に値上がりした。

  H株指数は前日比1%高。金融株の中でも、華泰証券(6886 HK)や広発証券(1776 HK)の上げが目立った。ハンセン指数は0.6%高の26672.16。

  本土市場では大型株から成るCSI300指数が1.7%高。上海総合指数は1.4%高の3230.98で終了。小型株の指数である創業板(チャイネクスト)指数は1%上げた。

  招銀国際証券の蘇沛豊ストラテジスト(香港在勤)は「本土の大型株にとっての地合いは良好だ。循環株セクターの利益見通しがかなり良い」と述べた。

原題:China H Shares Rise to 2015 High as Rail, Financial Shares Gain(抜粋)*香港株(終了):ハンセン指数、0.6%高の26672.16

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE