ロンドン金属取引所(LME)は、市場シェアの低下に歯止めをかけることを目指し、手数料の引き下げや店頭取引を対象とする費用請求に動く可能性が高い。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、一連の対応策は、マシュー・チェンバレン最高経営責任者(CEO)が顧客との2カ月にわたる協議を経てLMEの利用者委員会と検討を進めており、8月2日の取締役会で決定が行われる見通し。LMEの広報担当者は、さまざまな選択肢について当事者間で話し合いが行われており、初秋に発表を行う予定だと電子メールで回答した。

原題:LME Is Said to Plan Fee Cut, OTC Levy in Bid to Win Back Market(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE