米財務省が18日公表した5月の対米証券投資動向によると、 中国の米国債保有は4カ月連続で増加した。人民元相場が安定する中で、中国が外貨準備を再び積み上げていることが示唆された。

  中国の保有額は1兆1000億ドル(約123兆円)と、前月比100億ドル増加。海外勢で米国債保有額は引き続き2位だった。首位の日本は1兆1100億ドルと、前月から小幅増加した。

  日中両国は外国勢の米国債保有の3分の1強を占める。外国勢の米国債保有は5月に499億ドル増加し6兆1200億ドル。そのうち3兆9400億ドルは政府の保有だった。

  6月の中国の外貨準備は5カ月連続で増加した。元相場が安定化し投資家の海外への資金移動の意欲は低下している。資本管理の厳格化や今年の元相場の安定で海外への資金流出圧力は弱まる一方、政策当局は海外投資家に中国国内に投じる資金を増やすよう奨励している。

  同省の統計によると、海外勢による米国の長期証券投資は919億ドルの買い越し。4月は97億ドルの買い越しだった。財務省短期証券(TB)や株式スワップなどの短期証券を含む全体では573億ドルの流入。前月は744億ドルの流入だった。

原題:China Increases U.S. Treasury Holdings for Fourth Straight Month(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE