18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反落。対ユーロでは1年2カ月ぶり安値を付けた。2年間の猶予付きで医療保険制度改革法(オバマケア)を廃止する米上院共和党指導部の新たな案が議会通過を危ぶまれる中、トランプ政権が目指す減税など一連の政策課題の実現に対する期待がしぼんだ。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下。ユーロは対ドルで0.7%高の1ユーロ=1.1554ドル。一時は0.9%上げ、2016年5月以来の高値となる1.1583ドルを付けた。ドルは対円で0.5%下げて1ドル=112円07銭。

  欧州とアジアのトレーダーらによれば、最近になりドルショートを構築したモデル系ファンドやリアルマネー勢、マクロ系投資家がさらに売り持ち高を膨らませた。

  米国債利回りの大幅低下もドル相場下落に拍車をかけた。ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.26%と、6月末以来の低水準。

  ユーロはドルに対し、16年につけた高値の1ユーロ=1.1616ドルに接近した。アジア時間から上昇し、米共和党のマコネル上院院内総務が党独自のオバマケア代替法案の成立を断念したとの発言で一段高。1ユーロ=1.1500ドルの大台も優に超えた。

  トレーダーらは翌19日から開催される欧州中央銀行(ECB)政策委員会会合を考慮に入れたポジションを形成している。市場ではECBが政策金利と政策を現状維持すると予想されているが、緩和政策の一部を解除する方法をドラギ総裁が検討していることが示されるかどうかに投資家は注目している。アバディーン・アセット・マネジメントのパトリック・オドネル氏はリポートで、ECB会合は「とにかく論調が注目される」と指摘した。

原題:Dollar Slides to 14-Month Low vs Euro as Trump Agenda in Doubt(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE