動画ストリーミングサービスの米ネットフリックスは17日、4-6月(第2四半期)の契約者数の伸びが予想を上回り、海外契約者数が初めて国内契約者数を上回ったことを明らかにした。

  ネットフリックスのテレビ番組と映画、コメディー番組の融合サービスがブラジルや英国など世界の一部主要国でヒットし始めている。4-6月期の契約者数は520万人の純増となり、アナリスト予想の320万人増を大きく上回った。そのうち米国外は414万人で、海外契約者数は5200万人余りに上った。

  ネットフリックスの株価は17日の時間外取引で一時11%上昇し179.45ドルを付けた。投資家は契約者数の伸びに引き続き注目し、利益が低水準であることを許容していることを示した。株価は年初来では31%高。

  4-6月期の米国内契約者数は107万人と、ブルームバーグが集計した63万3000人を楽に上回った。海外の新規契約者数は260万人と予想されていた。売上高は27億9000万ドル(約3100億円)で、市場予想は27億6000万ドルだった。純利益は6600万ドル(1株当たり15セント)。前年同期より増加したが、市場予想平均の16セントに届かなかった。

  7-9月(第3四半期)の契約者数は440万人の純増となる見通し。アナリスト予想平均は396万人増。同社は1株利益を32セント、売上高は29億7000万ドルと見込む。アナリスト予想は1株利益が23セント、売上高が28億8000万ドルだった。
  

原題:Netflix Scorches Subscriber Forecasts as Overseas Tops U.S. (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE