17日の米国株式市場はほぼ変わらず。株価指数が高値近辺で浮動する中、投資家のリスク志向はなお続いている。

  S&P500種株価指数は前営業日比0.1%未満下げて2459.14。ダウ工業株30種平均は8.02ドル安の21629.72ドル。

  シティグループのグローバルリスク回避マクロ指数は3年ぶりの低水準をつけた。欧州の経済統計は概ね予想通りとなり、今週の欧州中央銀行(ECB)の政策会合を巡る不透明感や一連の決算発表を控えて投資家は様子見姿勢をとっていた。

  この日は公益事業や不動産、電気通信サービス銘柄はいずれも上昇した。一方、エネルギーは下落。ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は6営業日ぶりに反落したことが響いた。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は9.8に上昇した。

  ブラックロックは下落。同社の第2四半期(4-6月)調整後1株利益は5.24ドル。市場予想は5.38ドル(予想レンジ5.14-5.54ドル)だった。

  食材配送サービス、ブルーエプロン・ホールディングスも安い。アマゾン・ドット・コムが同様のサービスで商標登録を出願したことが手掛かりだった。

原題:Stocks Flat, Metals Rise as Markets Await Earnings: Markets Wrap(抜粋)
U.S. Stocks Hold Steady Near Record as Small-Cap Shares Advance(抜粋)
Blue Apron Falls After Amazon Files for Meal-Kit Trademark (1)(抜粋)
BlackRock Second Quarter Adjusted EPS Misses Estimates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE