17日の米国債市場では、薄商いの中で期間が長めの国債を中心に上昇。10年債の売買高は直近の平均の54%にとどまっている。イールドカーブはフラット化。5年債と30年債の利回り差は一時104ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を下回った。

  朝方発表された7月のニューヨーク連銀製造業景況指数は市場予想を下回り、弱い内容となった。また外為市場でドルが対円で上げる中、短期債の上げ幅は長期債を下回った。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りは前週末比2bp低下の2.31%。2年債利回りは変わらずの1.36%。

  5年債と30年債の利回り差は104.3に縮小した。

  午前中は対円でのドルのストップロスの買い注文が発動され、ドルを押し上げた。そうした中で短期債は一時下げる場面も見られた。

  この日の社債発行では、8つの発行体が総額185億5000万ドルを起債。大半が金融機関だった。

  7月のニューヨーク連銀製造業景況指数は9.8に低下。市場予想は15だった。

原題:Treasuries Bull Flatten in Narrow Ranges; Futures Volumes Poor(抜粋)
原題:USTs Bull Flatten, Swap Spreads Tighten; Futures Volumes Poor(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE