英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は17日、交渉再開のため再びブリュッセル入りした。だが英国内ではメイ首相の今後を巡る閣僚間の政治闘争が激しさを増している。

握手を交わすデービス英EU離脱担当相(左)とEU側交渉責任者のバルニエ氏(7月17日、ブリュッセル)
握手を交わすデービス英EU離脱担当相(左)とEU側交渉責任者のバルニエ氏(7月17日、ブリュッセル)
Photographer: Dario Pignatelli/Bloomberg

  デービス離脱担当相とEU側の交渉責任者であるミシェル・バルニエ氏が握手を交わし、4日間にわたる交渉を開始した。EU側が最優先事項と位置づける在留市民の権利や離脱に伴う清算金などを話し合う予定だが、デービス氏はわずか約3時間後にはブリュッセルを後にした。交渉の場には比較的役職の低い実務担当者のみが残り、同氏は20日にブリュッセルに戻ってくる予定だ。

  デービス氏はこの日記者団に対し、正式に交渉を始めた6月は協議にほぼ進展がなかったこと暗黙のうちに認め、いまや「問題の本質に入る」ことが極めて重要だと主張。バルニエ氏と同じく、交渉完了に向け残された時間は減り続けているとの認識も示した。

  デービス氏はメイ首相の対EU政策に不満を持つ閣僚の1人とされる。事情に詳しい関係者2人が今月ブルームバーグ・ニュースに述べたところによると、デービス氏は首相に対し、離脱後の在留市民の処遇が不透明なことが交渉を不利にさせていると繰り返し訴えているが、首相は在留市民の権利を無条件で約束することを拒んでいる。

  また英紙テレグラフは、ハモンド財務相に罵詈(ばり)雑言を浴びせる匿名の閣僚の話を紹介。この閣僚はデービス氏ら昨年6月の国民投票でEU離脱を支持した閣僚を同財務相が悪人のように扱っていると非難したという。

原題:U.K.’s Davis Resumes Brexit Talks as Cabinet Rows Turn Ugly (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE