米議会予算局(CBO)は共和党の修正ヘルスケア法案に関する分析を大方の予想していた17日には公表しない見通しだ。

  同党のマコネル上院院内総務は、数日中に開始する予定だった同法案の審議を延期すると明らかにした。想定外の手術を受けたジョン・マケイン上院議員がアリゾナ州に戻って回復を待つことを明らかにしたためで、マコネル氏は「ジョンが回復するまでの間、上院は立法作業や指名承認の手続きに引き続き取り組む。修正ヘルスケア法案の検討は先送りする」と発表文で説明した。

  マコネル院内総務は延期前から非常に厳しい状況にあった。先週公表された同法案についてランド・ポール上院議員(ケンタッキー州)とスーザン・コリンズ上院議員(メーン州)が直ちに反対を表明したため、マコネル院内総務は必要な50票を確保する上でさらなる造反議員を出せない状況にある。

  CBOは修正案による健康保険や連邦財政赤字への影響を早ければ17日に発表すると予想されていた。共和党内では今回のCBOの分析が、2026年までに無保険者が2200万人増えると予想した先の試算よりも改善した内容になるとの期待がある。

原題:No CBO Health Score Monday as McConnell Delays Vote for McCain(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE