ゴールドマン・サックス・グループの年内の業績見通しは、アナリスト予想よりも暗い可能性がある。

  エバコアISIのアナリスト、グレン・ショア氏は、JPモルガン・チェースが14日、好調だった2016年後半との比較は厳しいだろうと警告したことから、ゴールドマンの7-12月(下期)トレーディング収入見通しは楽観的過ぎると指摘。バンク・オブ・アメリカ(BofA)とシティグループ、モルガン・スタンレーの見通しは合理的なようだが、ゴールドマンの見通しは下方修正される必要があるかもしれないと14日付リポートで分析した。

  アナリスト予想によると、ゴールドマンが18日発表する4-6月(第2四半期)決算では、トレーディング収入は31億3000万ドル(約3500億円)の見通し。これは前年同期比で15%減となり、14日発表されたJPモルガン・チェースの14%減やシティグループの7%減より大幅な落ち込みとなる。ゴールドマンの4-6月期1株利益予想は3.43ドルで、3カ月前に比べ約60セント引き下げられている。

原題:Goldman’s Prospects Are Overrated by Wall Street, Schorr Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE