欧州自動車市場で6月の新車販売は小幅な伸びにとどまった。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念などから、回復に息切れが見られる。

  欧州自動車工業会(ACEA)が14日発表した6月の新車販売台数は、前年同月比2.1%増の154万台。トヨタ自動車とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の健闘が目立った。6月としては2007年以来の好調さだったものの、5月の7.7%増からは伸びが鈍った。

  20年ぶりの不振から3年余りをかけて回復してきたが、今年後半には勢いが弱まると見込まれる。1-6月の累計は前年同期比4.6%増の846万台となった。

  6月単月のメーカー別では、トヨタが13%増、FCAが7.9%増えた。

原題:Europe Car-Sales Growth Slows on Brexit Effect Amid Market Peak(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE