シンガポール経済は4-6月(第2四半期)にプラス成長に復帰した。世界貿易の回復を受け、輸出依存度の高い同国の見通しが改善した。

   シンガポール通産省が14日発表した4-6月期の国内総生産(GDP)は前期比年率0.4 %増。ブルームバーグが調査したエコノミスト15人の予想中央値は同1.1%増だった。1-3月(第1四半期)は同1.9%減に改定された。

  GDPは前年同期比では2.5%増と、ブルームバーグ調査の予想中央値(2.7%増)を下回った。

原題:Singapore’s Economy Rebounds in Second Quarter to Expand 0.4%(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE