13日の欧州株式相場は上昇。米金融政策当局が引き締めを急がないとの観測を背景に、指標のストックス欧州600指数は2日続伸。

   ストックス600指数は前日比0.3%高の386.14で終了。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は前日の証言で、目標を下回るインフレ状況は段階的なバランスシート縮小の道筋を正当化すると強調。これを受けて、同指数は4月以来の大幅高となった。

  個別銘柄では、スイスの資産運用会社パートナーズ・グループ・ホールディングが2.2%上昇。同社は新規顧客資産の通期見通しを引き上げた。ノルウェーの保険会社ストアブランドは2007年以来の高値まで買い進まれた。四半期利益が予想を上回ったことが好感された。

  一方、ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは0.5%下落。ガス制御を操作する不法な装置を備えた自動車を10年近くにわたって販売していたとされる疑惑について、検察当局の捜査を受けていると、南ドイツ新聞が伝えた。英製薬会社アストラゼネカは3.5%値下がり。パスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)が競合企業に移籍するとの報道が響いた。

原題:European Stocks Rise as Yellen Optimism Spills Into Second Day(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE