メイ英首相は、6月の総選挙で保守党が過半数を失ったと知って涙を流したと語った。選挙結果は全く予想外だったと述べた。

総選挙翌日の6月9日、首相官邸を後にするメイ首相
総選挙翌日の6月9日、首相官邸を後にするメイ首相
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

  首相はBBCラジオ5に「心底打ちのめされた。選挙戦が完璧でなかったのは分かっていたが、あれよりは良い結果を得られるだろうというメッセージを受け取っていた」と発言。総選挙当日の夜は出口調査の結果を見ていられず、夫に結果を教えてくれるよう頼んだと明かした。

  涙をぬぐった後は早速、少数与党での政権樹立に向けて動いたという。総選挙に打って出たことを悔やんでいるかとの問いには「あの時点では正しい決定だった」と答えた。辞任を考えたかとの質問には「国民に対する義務という気持ちに後押しされ、続けようと思った」と語った。

原題:May Admits to Election-Night Tears and Couldn’t Watch Exit Poll(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE