欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドルはほぼ変わらず、ユーロには利益確定の売り

  13日のニューヨーク外国為替市場でドルはほぼ変わらず。ユーロは主要10通貨の大半に対して下落した。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は2日目の議会証言で、引き続き漸進的なペースでの利上げを示唆した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.1%上昇して1ドル=113円28銭。対ユーロでは0.1%高い1ユーロ=1.1398ドルだった。

  この日はユーロ・クロスの利益確定が中心となった。イエレン議長は上院銀行委員会の公聴会で労働市場の引き締まりに触れた上で、経済のスラック縮小に伴い賃金と物価が上昇し始める可能性があると指摘。インフレリスクには「二面性」があるとし、それが、政策当局者らが「緩やかな利上げの道筋を維持することが引き続き賢明だろうと感じている」理由だとした。

  14日は6月の米消費者物価指数(CPI)が発表される。

  欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、8月下旬に米ワイオミング州ジャクソンホールで開催されるカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムに出席する。ECBの債券購入プログラムに関する9月の決定について、手がかりが出てくる可能性がある。

  ブレイナードFRB理事はインフレを2%目標へ戻すことに最も注力していると述べた。またダラス連銀のカプラン総裁は「中期目標であるインフレ2%の達成に向かい前進していることを示すより強い証拠を見たい」と述べた。
原題:Dollar Steadies Near 10-Month Low; Euro Weighed by Profit-Taking(抜粋)

◎米国株:上昇、S&P500種最高値接近-FRB議長証言、金融高い

  13日の米株式相場は上昇。S&P500種株価指数は最高値に接近した。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、利上げに関して緩やかなペースを維持するとのシグナルを再確認した。

  イエレン議長はこの日、上院銀行委員会で証言。質疑応答で、3%の成長を達成できれば「素晴らしいことだが、かなり厳しい」と述べ、景気が過熱リスクを抱えてはいないことを示唆した。

  S&P500種株価指数は前日比0.2%上昇の2447.83。ダウ工業株30種平均は20.95ドル(0.1%)上げて21553.09ドル。ダウ平均は最高値を更新した。

  S&P500種の業種別11指数では金融が0.6%高と最大の上げ。Tロウ・プライス・グループは4.8%高となった。

  情報技術株は0.3%、不動産株は0.2%それぞれ上昇した。エネルギーは0.4%高。

  一方で電気通信サービスは0.6%安と最も下げた。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数(VIX)は9.9に低下した。

  S&P500種構成銘柄の出来高は30日平均を12%下回った。

  14日にはJPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴ、シティグループなど金融大手の四半期決算が発表される。
原題:U.S. Stocks Rise, Treasuries Slide as Oil Rebounds: Markets Wrap(抜粋)
原題:U.S. Stocks Advance With Financial Shares After Yellen Day Two(抜粋)

◎米国債:反落、30年債入札不調-イールドカーブはスティープ化

  13日の米国債相場は反落。午後には30年債入札結果の不調を受けて日中安値圏での取引となり、イールドカーブはスティープ化した。

  ニューヨーク時間午後4時30分頃の10年債利回りは、前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げて2.34%。30年債利回りは3bp上昇し2.91%。日中は2.94%まで上げる場面があった。5年債と30年債の利回り差は一時、104bpに拡大した。

  米国債先物相場下落の影響もあって、寄り付きから軟調な取引となった。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院銀行委員会で行った証言にはほとんど反応しなかった。

  米財務省がこの日実施した30年債入札(発行額120億ドル)では最高落札利回りが2.936%と、発行前利回りを上回った。投資家の需要を測る応札倍率は2.31倍と、直近10回の入札の平均(2.27倍)に近い水準となった。

  市場では、米労働省が14日に発表する6月の消費者物価指数(CPI)への注目度が一段と高まっている。前日はイエレンFRB議長がインフレの軟調がいつまで続くかについてより深い懸念を示唆したことを受け、米国債相場が大幅上昇していた。ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、キット・ジャックス氏は、インフレ統計が米金融当局の「市場との対話に向けたバスの運転でより大きな役割を果たしている」と指摘した。
原題:Treasuries Bear Steepen as Soft 30Y Auction Weighs on Long End(抜粋)
原題:Treasury 30-Year Auction Draws Yield Above Market’s Level: Chart(抜粋)
原題:CPI Looms Even Larger for Bond Market After Yellen Testimony(抜粋)

◎NY金:反落、イエレン氏がインフレリスクには「二面性」あると発言

  13日のニューヨーク金先物相場は小幅反落。イエレンFRB議長はインフレリスクには「二面性」があるとし、緩やかな利上げの道筋を維持することが引き続き賢明だとの考えを示した。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.1%安の1オンス=1217.30ドルで終了。

  市場参加者がFOMCの軌道を見極めようとする中で、金属相場は上下に振れている-マレックス・スペクトロン・グループ(ロンドン)のストラテジスト、ガイ・ウルフ氏。

  銀先物も下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムも値下がり。
原題:PRECIOUS: Gold Drops as Yellen Says Inflation Risk ‘Two-Sided’(抜粋)

◎NY原油:続伸、IEAが世界的な需要拡大ペース加速を予想

  13日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は4日続伸し、7月3日以来の高値。国際エネルギー機関(IEA)は月報で、在庫の取り崩しが思ったほど進んでいないものの、今年は世界の需要拡大ペースが加速するとの予想を明らかにした。

  スコシアバンク(トロント)の商品ストラテジスト、マイケル・レーベン氏は電話取材に対し、「年末に向けて需要は上向き始めており、状況は少し明るくなってきた。市場はこれを実感し始めている」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比59セント(1.30%)高い1バレル=46.08ドルで終了。一時は44.99ドルまで下げる場面もあった。ロンドンICEの北海ブレント原油9月限は68セント上昇の48.42ドル。
原題:Crude Rises for Fourth Day as Global Demand Outlook Improves(抜粋)

◎欧州株:ストックス600、続伸-米当局が引き締め急がないとの楽観で

  13日の欧州株式相場は上昇。米金融政策当局が引き締めを急がないとの観測を背景に、指標のストックス欧州600指数は2日続伸。

   ストックス600指数は前日比0.3%高の386.14で終了。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は前日の証言で、目標を下回るインフレ状況は段階的なバランスシート縮小の道筋を正当化すると強調。これを受けて、同指数は4月以来の大幅高となった。

  個別銘柄では、スイスの資産運用会社パートナーズ・グループ・ホールディングが2.2%上昇。同社は新規顧客資産の通期見通しを引き上げた。ノルウェーの保険会社ストアブランドは2007年以来の高値まで買い進まれた。四半期利益が予想を上回ったことが好感された。

  一方、ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは0.5%下落。ガス制御を操作する不法な装置を備えた自動車を10年近くにわたって販売していたとされる疑惑について、検察当局の捜査を受けていると、南ドイツ新聞が伝えた。英製薬会社アストラゼネカは3.5%値下がり。パスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)が競合企業に移籍するとの報道が響いた。
原題:European Stocks Rise as Yellen Optimism Spills Into Second Day(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債が反落-ECB総裁のジャクソンホール出席を材料視

  13日の欧州債市場ではドイツ国債が不安定に揺れ動き、一時の上げを消し下落して終了。ストップロスで既発10年債の利回りは0.50%の水準を突破した。ECBのドラギ総裁が8月下旬に米ワイオミング州ジャクソンホールで開催される会合で、量的緩和の将来について講演するとの報道が背景にある。ECBはのちほどこれを確認した。

  イタリア長期債は朝方に上昇。入札での力強い需要が後押ししたが、その後の売り圧力で反落。ドイツ10年債に対する国債利回り上乗せ幅は3bp拡大した。

  米紙WSJの報道によれば、ECBは9月7日会合で量的緩和の縮小計画を発表することも検討している。これもドイツ国債への圧力を強めた。
原題:Bunds Close Lower on ECB Concerns; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE