13日のインド株式相場は上昇し、指標のS&P・BSEセンセックスは4営業日連続で最高値を更新した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で引き締めを徐々に進める方針を強調したことを受けて米国株が買われ、アジア株も総じてその流れを引き継いだ。

  センセックスは前日比0.7%高の32037.38で終了。過去6営業日では5回目の最高値更新となった。構成銘柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は19.6倍と、7年ぶり高水準に接近した。ニフティ―50指数は0.8%高の9891.70と、これまでの最高値で引けた。

  BSEが集計する業種別13指数のうち12指数が値上がり。日用消費財指数は1.6%上げ、これまでの最高に達した。中型株指数と小型株指数も終値ベースの過去最高値を付けた。

原題:India’s Stocks Cap Fourth Day of Record Rally on Yellen Comments(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE