中国の輸出は6月に前年同月から増加した。外需が底堅さを維持したほか、米国との協議が継続する中で同国との貿易摩擦が抑制されている。

  税関総署が13日発表した6月の輸出はドルベースで前年同月比11.3%増。ブルームバーグの調査では8.9%増と見込まれていた。輸入は同17.2%増。この結果、貿易収支は428億ドル(約4兆8400億円)の黒字となった。

  外需が底堅さを維持する中で、中国製品の需要は今年に入り回復力を示している。また、中国の最大の貿易相手国である米国との摩擦も緩和しつつあるように見える。16日に終了予定の米中の「100日計画」交渉では、米国の対中貿易赤字への対応に向けて若干の進展が示されている。

  ただ、中国は年末にかけては課題や不確実性に直面している。輸入の増加は内需に回復力があることを示しているものの、中国経済は年初に堅調なスタートを切った後、勢いが弱まりつつある兆候を示している。

  キャピタル・エコノミクスの中国担当エコノミスト、ジュリアン・エバンスプリチャード氏(シンガポール在勤)は「今回の上向きの数字は、中国製品に対する外需が依然として強いほか、内需の回復力もかなり高いことを示している」と指摘した上で、「政策引き締めによる中国経済への逆風の高まりを踏まえると、現在の輸入ペースが今後も持続できるかについては懐疑的だ」と述べた。

 1-6月(上期)の輸出は人民元ベースで前年同期比15%増。輸入は同25.7%増だった。

原題:China June Exports Rise as Global Trade Keeps Momentum (Correct)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE