仮想通貨ビットコインの価格が今年、天文学的な上昇を演じる前から小売業者は既に顧客によるビットコインでの支払いに懐疑的だった。小売業者は価格急騰でもビットコインの採用に前向きになってはおらず、実際には逆の姿勢かもしれない。

  モルガン・スタンレーの決済アナリスト、ジェームズ・フォーセット氏の12日付リポートによれば、インターネット通販業界の専門誌インターネット・リテーラーが調査する業界上位500社のうちビットコインを採用しているのはわずか3社にすぎず、昨年の5社から減った。ビットコインを採用する業者がほとんどない現状とビットコインの上昇の「著しい」相違が浮き彫りになっていると、フォーセット氏は指摘した。

  フォーセット氏は「ビットコインの所有者は価格上昇ペースを踏まえ、ビットコインの利用をちゅうちょしている。ビットコインは通貨よりも資産としての性格が強いことが一段と鮮明になっている」と指摘。「業者にビットコインの採用を説得するよりも投機的な取引を行う方がより楽だ」と付け加えた。

  同氏はまた、小売業者が採用をためらうのは、ビットコインの取引の鈍化やコストの増加など課題が増えている点に関係があるかもしれないと付け加えた。

  

原題:Bitcoin Acceptance Among Retailers Is Low and Getting Lower (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE