中国の銀行は資金を引き付けるため4-6月(第2四半期)に、より高い利回りで理財商品を発行した。成都に本社を置くデータ提供会社PYスタンダード(普益標准)が示した。

  同社が12日発表した資料によれば、銀行が発行したクローズドエンド型商品の平均利回りは21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、4.39%となった。北京の複数の銀行は、元本保証型でない商品を利回り4.7%で発行した。

  同資料によると、銀行が第2四半期に発行した理財商品は2万9947本と、1-3月(第1四半期)に比べて16%増加。ただPYスタンダードは、発行数は増加したものの、金融レバレッジ抑制に向けた当局の新たな取り組みが富裕層向け業界や銀行間取引の精査に重点を置いているとして、総額ベースでは縮小すると予想した。

  同社によると、当局によるレバレッジ抑制の影響が出始める中で、銀行は外部の運用者に資金を委託することにも選別姿勢を強めている。

原題:China WMP Costs Rise as Smaller Banks Pare Entrusted Investments(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE