ブレイナード連邦準備制度理事会(FRB)理事は追加利上げについて慎重な姿勢を示した一方でバランスシート縮小計画については「早期」に進めることを支持した。

  ブレイナード理事は11日、ニューヨークで講演。原稿によると、同氏は「インフレが当局目標近くに戻るよう誘導するため、私はインフレ動向を注意深く見守り、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標のさらなる引き上げに関しては慎重に行動したい」と述べた。

  同理事によれば、現在のFF金利は景気を刺激も抑制もしない中立金利からそれほど懸け離れていない。理事は「FF金利の中立水準は、中期的には実質ゼロ付近で推移する可能性が高い」と述べ、「そうだと仮定すれば中立的なスタンスに向かうために、これ以上やるべき事はあまりないだろう」と続けた。

  同理事はバランスシートの縮小に関しては「強い労働市場と堅調な経済活動がデータで引き続き確認されれば、バランスシート縮小を容認する漸進的かつ予測可能なプロセスを近く開始することが適切になろう」と述べた。

原題:Fed’s Brainard Backs Balance-Sheet Runoff ‘Soon,’ Wary on Rates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE