イングランド銀行(英中央銀行)は英国の欧州連合(EU)離脱について新たな警告を発した。

  ブロードベント副総裁は11日にアバディーンで講演し、離脱後にEUとの貿易が減少すれば英国は生産を得意分野に集中させることができなくなり、経済への打撃になるだろうとの考えを示した。英国よりは影響が小さいものの、EUの成長にも打撃を与えるだろうとも指摘した。

  同副総裁は「貿易は本当の意味で互恵的であり、貿易が減れば全ての当事者に負担がかかる。欧州との貿易が大きく減少すれば、英国は比較的得意でEUに輸出していた分野から、現在は輸入に頼っている相対的に不得意な分野へと、生産を振り向けなければならなくなる」と語った。

原題:BOE’s Broadbent Sounds New Brexit Warning on Risks to Trade(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE