中国当局は金融監督の協調で中国人民銀行(中央銀行)に主要な役割を与えることを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者によれば、14日に始まる予定の第5回全国金融工作会議で同案が議論される。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)と中国証券監督管理委員会(証監会)、中国保険監督管理委員会(保監会)という3つの主要監督機関の協調のための組織を人民銀内に創設し、人民銀総裁が率いる案だという。現在の人民銀総裁は周小川氏。関係者は情報が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は金融工作会議の日程および監督機関の協調で人民銀の発言力を高める可能性を4日に報じていた。

原題:China Is Said to Mull Lead Role for PBOC in Financial Oversight(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE