中国国内から海外へのインターネットアクセスに広く使われている仮想プライベートネットワーク(VPN)接続を巡り、中国政府は2018年2月1日までに個人のアクセスを遮断するよう国有の通信各社に求めた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実際にVPNが使用できなくなれば、国外のインターネットへの主な窓口が閉ざされることになる。

  中央政府からの非公開の指示だとして匿名を条件に話した関係者によると、政府はチャイナ・モバイル(中国移動)やチャイナ・ユニコム(中国聯通)、チャイナ・テレコム(中国電信)など通信事業者に個人のVPN使用を禁じるよう命じた。VPNはウェブのトラフィックを海外に転送することで閲覧規制を回避するサービス。

 北京・天安門前に掲げられた五星紅旗(2014年11月9日)
北京・天安門前に掲げられた五星紅旗(2014年11月9日)
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  中国は世界有数のインターネット規制大国で、社会の安定維持を目的に当局がインターネット空間を厳しく監督している。習近平国家主席が進める「サイバー主権」キャンペーンに基づき、中国政府はツイッターやフェイスブックのほか、米紙ニューヨーク・タイムズなどのニュースサイトへのアクセスを阻止するシステム「グレート・ファイアウオール」に存在していた抜け穴をふさぎつつあるようだ。

  VPNを運営するGreenVPNは、今月1日からサービスの提供を停止すると顧客に通知。「監督官庁から通知を受けた」としているが、詳細は明らかにしなかった。

  政府からの新たな指示が中国国内で業務を行う多国籍企業にどのように影響する可能性があるのかは不透明。中国ではサイバーセキュリティー法がすでに施行されており、データ転送に関して厳しい要件を課しているほか、今後は中国政府が各技術にアクセスすることを認める可能性もある。事情に詳しい関係者によると、中国国内で営業している各社は専用ラインを用いて国外のウェブにアクセスすることができるが、記録を残すためにサービスの利用を登録しなければならない。

  チャイナ・モバイルはコメントを控えた。チャイナ・テレコムとチャイナ・ユニコムの担当者からは今のところコメントが得られなかった。中国の工業情報省に電子メールでコメントを求めたが、現時点で返信はない。

原題:China Is Said to Close Major Hole in its Great Internet Firewall(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE