ドイツのショイブレ財務相は10日、欧州連合(EU)の銀行破綻ルールの見直しが必要との見解を示した。イタリア政府が同国ベネト州を地盤とする2行、バンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァとベネト・バンカの破綻処理に最大170億ユーロ(約2兆2000億円)注入することをEUが認めたことを受け、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)とオーストリアのシェリング財務相もEUの銀行破綻ルールの再検討を求めている。

  ショイブレ財務相はユーロ圏財務相会合前にブリュッセルで記者団に、イタリアの2行の破綻処理は、EUの銀行破綻ルールと各国の破産法の違いを浮き彫りにしたと言明。こうした理由から、財務相会合ではイタリアのケースを議論する必要があり、「将来に向けどう変えられるか」を検討しなければならないと説明した。

原題:Schaeuble Says Italy Bank-Liquidation Aid Shows Rule Discord (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE