欧州連合(EU)離脱交渉について、英国企業は合意なしの協議決裂に圧倒的多数が反対した。英国商工会議所(BCC)の調査で明らかになった。

  BCCが10日公表した2400社を対象にした調査によると、3分の1強がEU単一市場と関税同盟にとどまることを希望すると表明し、新たな包括的協定の締結が最善だとの回答も約30%に上った。これに対し、合意なしや世界貿易機関(WTO)ルールへの逆戻りを容認できるとした向きは2%にすぎなかった。

  BCCのアダム・マーシャル事務局長は「深く掘り下げた包括的な協定が必要だという点で、ほぼ一致した見解がある。『合意なし』は実行可能な選択肢として見なされていない」と述べた。

原題:U.K. Business Says No Brexit Deal Isn’t an Option in EU Talks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE