電気自動車(EV)の製造・販売を手掛ける国内ベンチャー企業、GLMは香港市場に上場している投資持ち株会社オーラックスホールディングス(HD)と資本提携で合意した。

  オーラックスHDが香港取引所に提出した資料によると、同社は増資して資金を調達。総額約8億9698万香港ドル(約128億円)でGLMの株式やオプションを取得することで合意した。GLMの発表資料によると、今年8月末までに実施する方針という。

  GLMは19年量産予定で想定価格4000万円のEVスポーツカー「GLM G4」で海外展開を目指している。今回の提携によって中国をはじめとして欧州、中東などグローバル展開を本格化し、量産体制を整えたい考え。自社で車両を製造するだけでなくサービス事業者などにEVのベースとなるプラットホームを幅広く供給することも計画している。資本金は32億3000万円。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE